麻疹(はしか)と風疹の違いは?予防接種を受ける間隔・料金・副作用まとめ

知ってそうで知らない麻疹(はしか)と風疹のこと。

以前、麻疹と風疹の違いをお伝えしましたね。

 

記事はこちら

↓↓↓

 

2つともウイルスで感染する病気ですが、その予防には

ワクチンの接種が有効です。そこで、今回はその

予防接種や受ける間隔、料金や副作用などについて

調べました。大人になってからは特に気をつけたいことも

違うのでぜひ参考にしてみてください。
 
 


スポンサーリンク


 
 

麻疹(はしか)と風疹の違いは?

 

発疹がでる症状や、「飛沫感染」または「空気感染」や

「接触感染」などでうつるなど感染方法や、春から夏頃

流行する傾向などが共通しています。ですが、それぞれ

「麻疹ウイルス」と「風疹ウイルス」は、そもそも別のものです。

 

麻疹(はしか)は一生のうちにほとんどの人が感染

するとされ、風邪に似た症状が特徴です。

大人になってからかかると重症化しやすく、子どもの

麻疹(はしか)も毎年数十名の乳幼児の死亡例があり

油断できない感染症です。また、妊婦がかかると流産や

早産の危険性があるとされ、注意が必要です。

 

一方、風疹は麻疹(はしか)に比べると症状は軽めで

発疹の数も少なめで「三日ばしか」とも言われ、

症状の出る期間も短いと言われています。子どもの頃、

受けたはずの麻疹の予防接種の威力が弱まっていたり、

受けたと思っていたけど受けていなかった、1回しか

受けていない、など大人になってからかかるケースも少なくありません。

 

しかしこちらも大人になってかかると39℃以上の

発熱がでることもあるため、大人も気をつけたいウイルスです。

特に妊娠中にかかると胎児に異常が出る可能性がある

ため、妊娠を希望する人は事前に抗体検査をしておいたほうがよいと言われています。

 

妊婦さんと麻疹(はしか)、風疹の関係についてはこちらもぜひ参考に御覧ください。

記事はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

麻疹と妊婦の関係から見る予防接種の副作用は?対策・予防法まとめ

 

予防接種の受ける間隔と料金は?

 

麻疹(はしか)と風疹の予防接種を受ける時期は

いつ頃でしょうか?子どもの予防接種については、

平成18年4月に厚生省がワクチンの接種を2回に

すると決定しました。

1回目は1歳をすぎたらすぐ。2回目は小学校入学1年前くらいに受けます。

 

各市町村の広報誌やホームページなどでは、

子どもの予防接種についてお知らせしていたり、

乳児の場合は、定期検診などの際に保健センターなどで

聞くなどして情報を調べてみましょう。料金は子どもの

場合は、公費で受けられます。

 

大人の場合は、6000円~10000円。

風しん混合ワクチン(MRワクチン)という二種類の

予防接種が一緒のものは、少し高額ですが一度に済ます

ことができます。妊娠を希望する女性が風疹などの

予防接種を受ける場合、自治体によっては接種費用助成

している場合もありますので「風疹ワクチン ○○市(自分の住んでいる街)」

などインターネットで検索してみるとよいでしょう。

予防接種1

予防接種の副作用は?

 

麻疹と風疹の予防接種の副作用は、全くないとは

言えません。麻疹と風疹の予防接種は「生ワクチン」を

体内に入れるもの。生ワクチンは、生きた細菌やウイルスの

毒性を弱めたものであり、それを接種することによって、

その病気にかかったときの抵抗力(いわゆる免疫)をつけようとするものです。

 
 


スポンサーリンク


 
 

そのため、異物が入ってきたために、除去しようと体で

色んな反応が起きます。発熱は代表的な症状ですが、

極めてまれに脳炎とか脳症などを引き起こすなど

重大な副作用があり毎年、厚労省で健康被害も報告されています。

予防接種は、基本的に強制で受けるものではなく、受けるのは努力義務です。

 

体調が良いときに受ける、予防接種を受けた日は体力を消耗することは避ける、

発熱した場合は安静にするなど、スケジュールをたてて

自己防衛をしながら過ごせる時に受けましょう。

万が一、ひどい症状がでた場合は自己判断で済ませず

医者に相談するなどしてくださいね。

予防接種2

まとめ

 

麻疹(はしか)と風疹の予防接種についてご説明

しましたがいかがでしたでしょうか?

子どもはもちろん、大人がかかると重症化しやすいこれら

2つの感染症。また妊婦さんがかかると危険なウイルスであります。

 

【関連記事】

 

最近では平成25年の風疹流行が記憶に新しいですが、

ワクチンが足りなくなるなどの社会問題にもなりました。

いつ流行するかわからないため、日頃から情報収集したり、

受けられる時に受けておくなど前もって予防しておくことが望ましいと言えます。

妊婦さんは特にこれらのウイルスには気をつけてくださいね。


SPONSORED LINK






オススメ関連記事





関連記事

tore-ninngu7

首のトレーニング方法は?効果やメリットは?

普段の生活で、デスクワークや家事等をしていると 肩こりに悩まされる方が多いと思います。肩こりは

記事を読む

bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_s

ステロイド副作用での赤ら顔・湿疹むくみの治し方は?赤ちゃんの場合は?

皮膚のトラブルはつらいものです。痒いし、 でも搔いちゃうと傷になるし、第一見た目も 気になります

記事を読む

ストレッチ10

寝る前のストレッチで簡単効果的ダイエット!効果高まる準備は?

寝る前にランニングなどの激しい運動をするのがしんどくて続かないって人、 多いんじゃないですか?

記事を読む

kafun_kusyami

マスクしてもメガネが曇らない一発解消法はコレ!

だんだん気温が温かくなってきて春の足音が聞こえてきます。 鼻がムズムズ、目がショボショボしてく

記事を読む

lipchap_woman

唇の真ん中がぱっくり切れる原因は?痛みをスグ取る対処法はこれ!

  「あ!いたっ!」 唇の真ん中がパックリ切れてしまったこと、ありますよね。

記事を読む

ninnpu3

妊婦が氷を食べ過ぎてしまう理由は?気をつけたい氷食症とは?

「氷食症」という言葉を知っていますか? 妊婦さんが氷を1日に数十個も氷を大量に 食べ過ぎてしまう

記事を読む

麻疹違い3

麻疹と風疹の違いは?ウイルス・症状の違いから見る家族の医学

突然の発疹!不安になりますよね。 発疹がでる感染症といえば麻疹(はしか)や風疹(ふうしん) です

記事を読む

盲腸5

盲腸(虫垂炎)の症状や初期の痛み方.位置は?セルフチェック診断

急な腹痛を起こし、おかしいな、なんか食べ物にあたったかな? ちょっと静かにしていれば、治まるかも・

記事を読む

妊婦3

麻疹と妊婦の関係から見る予防接種の副作用は?対策・予防法まとめ

麻疹(はしか)は子どもがかかるもの、子どもの頃、 予防接種したから大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s

熱中症対策グッズで仕事や部活に服の上から使える!おすすめ冷却グッズ

熱中症は軽いうちに処置をすることが必要です。 重度の熱中症になると、生命に関わり大変危険 です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑