キャベツの芯は栄養満点!体にいい驚くべき効果・効能を解説します。

キャベツを料理する時に、キャベツの芯を捨ててしまう方多いんですよね。
でもそれって、実はものすごくもったいない事をしてるのをご存知でしたか!?
 
 
kyabethu-sin
この記事では、

  • キャベツの芯には栄養はあるの?
  • キャベルの芯を食べる効果・効能は?
  • 芯はどう食べたら良いの?
  • 芯まで食べれる栄養たっぷりレシピ

 
 
をご紹介していきますので、一緒に見ていきましょう♪
 
 

 
 

 
 



SPONSORED LINK



キャベツの芯には栄養はあるの?

キャベツにどんな栄養素が入っているかというと
ビタミンCビタミンUビタミンKなどの
免疫力を上げ、体を整える成分が入っています。
 
 
カルシウムやβカロチン、カリウム、葉酸
など、も豊富に入っていて
とても栄養たっぷりなんですね。
 
 
そして、キャベツの芯には、ビタミンUが豊富に含まれて
他にもビタミンC、カリウムなども含まれています。
 
 
 

キャベツと、芯に含まれる栄養成分
・ビタミンC
・ビタミンU
・ビタミンK
・カルシウム
・βカロチン
・カリウム
・葉酸
・食物繊維

 
 
 
 
キャベツの芯には、栄養が一番詰まっているので
細かく刻んだりして、スープなどにすると食べやすいので
積極的に食べたいですね。
 
 
 

しかも、葉の部分よりも栄養価が非常に高く
体にいい成分がギュッと詰まっているところなんです。

 
 

ブタ くん
なぜ、キャベツの芯には
栄養がたっぷり入っているの?

先生
それはね、キャベツの芯を通って
葉に栄養が廻るからなんだよ

 
 
 
 
 

キャベツの芯を食べる効果・効能は?

 
ビタミンUには胃の粘膜を強くし胃潰瘍も予防にも効果的な
イソチオシアネートという成分も入っています。
 
 
これは、菜の花や大根にも含まれているピリッとした成分なんですが、
癌の抑制効果、生活習慣病や老化の予防や、血液をサラサラにする効果や
 
 
または、代謝を高めて脂肪を付きにくくする効能などもあると言われています。
他にも、食欲増進や炎症を抑える効果もあるとされています。
 
 
 

キャベツの芯の効果・効能
・胃の粘膜を強くする
・胃潰瘍予防
・癌の抑制・予防効果
・生活習慣病
・老化の予防
・血液サラサラ効果
・代謝を高めて脂肪をつきにくくする
・食欲増進
・炎症抑える

 
 
 
 
 
kyabethu

 
 
市販の胃腸薬のキャベジンは、実際にキャベツの中に入っている「キャベジン」という成分が胃潰瘍や、十二指腸潰瘍の予防にも効果的と言われています。
 
 
 
なので以前、体調が悪く胃が重いな〜と思っていた時に、胃に優しいものを食べようと
キャベツを食べたら、胃がスーッと軽くなったのはこのおかげだったのかもしれません。
 
 
 
しかも、このキャベジンという成分は二日酔いにも効果的だと言うんです!
飲み過ぎたときには今度、電子レンジでチンしてお酢をかけてサッパリと食べてみようと思います・・(*´∀`)胃腸を整えるキャベツの効果、おそるべし!
 
 
 

ブタ くん
二日酔いにも効果があるなんて、すごいな〜!

先生
栄養をきちんと取って、病気知らずの体になろうね

 
 
キャベツの芯の部分には食物繊維も豊富に含まれているので
便秘がちな方やダイエットをしたい方にもおすすめかもしれませんね。
 
 
 
 
今まで捨ててしまっていた方も、これから芯を捨てずに食べることで栄養をしっかりと取ることができます。それでは、次の章でどんな食べ方をしたらいいのか見ていきましょう!
 
 
 



SPONSORED LINK



 
 

芯はどう料理したらいいの?

固いから、どんな料理を作ったらいいかわからない〜!
という方のために、オススメなアレンジ法をご紹介します。
 
 
 

ブタ くん
キャベツの芯の食べ方を教えて〜!

先生
キャベツの芯は体に良いから積極的に取っていきたいね!細かく刻めば色々な料理に合わせられるよ

 
 
 
 

キャベツの芯の食べ方リスト♪
 
・細かく刻んでチャーハンに
・細かくしてお味噌汁へ
・みじん切りにしてポトフ風スープ
・細かくして栄養たっぷりハンバーグ
・電子レンジでチンしてマヨネーズで食べる
 

 
 
 
細かく刻んでチャーハンに入れたり、お味噌汁にいれたり
スライスして煮たりしても良いですし、
 
電子レンジでチンしたり、茹でて柔らかくして
熱々のキャベツの芯にマヨネーズをたっーぷりと付けて食べても美味しそうですね♪
 
 
 
potofu
捨てずに、細かくしてスープなどにしてもいいし
ブレンダーなどでペースト状にすれば様々な料理に入れることが出来たり
お手製のスムージーに入れても健康増進でいいかもしれませんね♪
 
 
 
いや〜色んな、アレンジ方があるんですね♪
これで、栄養たっぷり取ることができるので、
健康体になれそうな予感ですね♪(*^^*)
 
 
 

芯まで食べれる栄養たっぷりレシピ

キャベツの芯を使った料理レシピをご紹介します♪
これで、栄養満点間違いなしですね。
 
 
平野レミ『きょうの料理』 20分で晩御飯!春キャベツの献立
 

まとめ

キャベツの芯には栄養がたっぷりと入ってましたね。
癌を抑制する力や、胃腸を整える力、二日酔いにも効果的なので
これから、他の料理にも交ぜたりして食べてみたいと思います(*^^*)
 
 
しかも、キャベツならヘルシーなので
カロリーを気にすることなく、食べれるのでダイエットしている方にもおすすめですね♪
 
 
いろんなオリジナルレシピを作ってみるのも、また楽しいかもしれません。
これからみなさんもキャベツを食べる時は、芯を捨てずに料理して健康アップしてくださいね♪
 
 
【関連記事】


SPONSORED LINK



関連記事

8b2639da7a1476ee56053eafe65e0b3f_s

玉ねぎを毎日食べた場合の効果や副作用は?こんなにいい事が♪

カレーやシチューなど、今やタマネギは料理に 欠かせない食材ですが、日本で広まったのは 意外にもま

記事を読む

masin3

麻疹と風疹ワクチンの費用(料金)は?医者も注意する副作用とは?

子どもの成長にあわせ、受けるべき予防接種として 代表的な「麻疹」と「風疹」。お子さんがいる方は

記事を読む

麻疹違い3

麻疹と風疹の違いは?ウイルス・症状の違いから見る家族の医学

突然の発疹!不安になりますよね。 発疹がでる感染症といえば麻疹(はしか)や風疹(ふうしん) です

記事を読む

gamu7

ガムを飲み込むと害はある?消化される?食べすぎた場合や注意点はコレ

「うわ!!飲み込んじゃった!」 うっかりガムを飲み込んでしまった経験 ありませんか?私も何度かあ

記事を読む

予防接種3

麻疹(はしか)と風疹の違いは?予防接種を受ける間隔・料金・副作用まとめ

知ってそうで知らない麻疹(はしか)と風疹のこと。 以前、麻疹と風疹の違いをお伝えしましたね。

記事を読む

cold5

風邪の時のお風呂の入り方は?たった1日で完治した入り方や食事法は?

どんなに気をつけていても、体調を崩してしまう というのは、生きている以上、仕方がないこと ですね

記事を読む

スクリーンショット 2016-04-01 21.20.20

熱中症症状の頭痛や発熱は危険?その対策法は??

気温が高くなってくると、熱中症で救急搬送された 方たちの話題で騒ぎますね。そうなる前に防げない

記事を読む

kafun_kusyami

マスクしてもメガネが曇らない一発解消法はコレ!

だんだん気温が温かくなってきて春の足音が聞こえてきます。 鼻がムズムズ、目がショボショボしてく

記事を読む

hatimiru2

舌苔にはちみつが有効!スッキリ簡単取り方とは?

口臭の原因になる舌苔。舌苔とは舌上が白くなって しまっている状態のことを言うのですがきれいに し

記事を読む

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

口臭予防に効果のある食べ物とは?ガムやお茶はどうなの?

自分では気が付かないうちに、相手に不快な 思いをさせてしまうものに口臭がありますね! お出かけ前

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

tyakubarai.motobarai.siharaiji
着払いと元払いの違いを詳しく教えて!たった1分ですっきり解決!

ネットショッピングやオークションで「着払い」、コンビニなどで荷物を送る

pass it on
pass it on 意味を詳しく教えて!どういった時に使うの?

こんにちは。(^^) 先日facebookで流れてきた感動系海外動画

tanabata-densetsu
七夕の伝説!子供向けに簡単にわかりやすく説明するには?

「七夕」という言葉から、あなたは何を連想しますか? 青々とした笹に飾

kyabethu
キャベツの芯は栄養満点!体にいい驚くべき効果・効能を解説します。

キャベツを料理する時に、キャベツの芯を捨ててしまう方多いんですよね。

my_number_card2
住民票をコンビニで!マイナンバー初心者でも安心な取得方法は?

住民票をコンビニで取るには、マイナンバーがあればいいの?[/spee

→もっと見る

PAGE TOP ↑