赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?安心な塗り方や落とし方をご紹介します。

紫外線が不安になる季節ですね。
昔は、子供の日焼けに対して、今ほど心配しなかったものですが、
環境の変化も大きく変わり、子供の頃から紫外線を浴び続けると、
肌に悪影響があると医学的にも知られています。

特に赤ちゃんの皮膚は成人の半分の厚さしかありませんから、
紫外線の悪影響をもろに受けてしまうそうです。

 

でも、日焼け止めって結構、肌に負担ありそう。
使って大丈夫なの?とママさん達は不安ですよね?
赤ちゃんの日焼け止めについて、調べてみましたので、ご覧くださいね!

 

 


スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗っていいの?

赤ちゃんの肌は薄くて柔らかくて、とても敏感です。
できれば、肌に刺激のあるものは、
衣類でも洗剤でも避けてあげたいですね。

ですが、どうやっても紫外線は、
生きていれば避けられないものの一つ。
生後1〜2ヶ月は、とにかく肌が敏感なので、
外に出るとしても直射日光に当たらないように注意をし
日焼け止め剤は避けた方がよいようです

特に湿疹などがある場合は、ひどくなる場合も
ありますから絶対にやめておきましょう。

 

3ヶ月くらいになったら、赤ちゃん用のマイルドな日焼け止めを選び、
塗り方や落とし方をよく理解してから使い始めましょう。

 

Untitled2 Untitled1

どんな日焼け止めを選べばいい?

ドラッグストアなどでは、数多くの日焼け止めが並んでいますね。
ご自分で使う日焼け止めはどういう基準で選んでいますか?
まず、「SPF」と「PA」を気にしているのではないでしょうか?

 

Untitled1

 

・SPFは、UV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。
高ければ高いほど防御力も高くなります。

 

・PAは、UV-A(紫外線A波)の防止効果を表します。
+、++、+++、++++の4段階があり「+」が多いと効果が高くなります。

ですが、紫外線への効果は高くても、効果がたかくなればなるほど、
肌にそれだけ負担がかかっていることも多分、ご承知ですよね。

 

赤ちゃんに、大人と同じ日焼け止めは禁物です。
選ぶときは、注意してあげてくださいね!

 

赤ちゃん用には

・SPFは、10~20度、できれば15度程度のもの

・PAは、+~++ の刺激が少ないもの

 

そして、成分では

 

・無着色・無香料

・無鉱物油

・防腐剤を使っていない

・紫外線吸収剤が入っていない

・アルコール系の薬品を使っていない
・オーガニックのもの

・油分を含まない、お湯や石けんで落とせるもの

 

耳、鼻、首などは塗り忘れしやすいですが、
日焼けしやすい場所なので注意してくださいね!

Untitled3

赤ちゃんのための日焼け止めの落とし方は?

外出から戻ったら、なるべく早く日焼け止めを落としましょう。
肌にやさしい成分のものを選んだといっても、
肌への負担は、やはりあるものです。

赤ちゃん用の石けんをよく泡立て、
泡で手や足を包み込むようにして石鹸をつけ、
その後やわらかいガーゼを使ってよく洗い落としてあげてください。
水で落とせるというものもありますが、石鹸を使った方がよいです。

 

顔は、よく泡立てた石鹸をほっぺたやおでこに
置いてから塗り広げて、汚れを浮かせてから、
ぬれたガーゼで拭き取ります。

決してこすらないようにしてくださいね!
拭くたびにガーゼをすすぎましょう。

すすいだ水やぬるま湯がきれいになるまで何度か繰り返します。
洗ったあとにベビーローションなどでスキンケアもしてあげるといいですね。


スポンサーリンク

もし舐めてしまった場合の対処法は?

赤ちゃん用の日焼け止めのほとんどは、
口に入っても害がないような成分で作られています。

100%天然由来のものというものも多いです。

 

少し舐めたとか、一口程度飲んでしまった
という場合では慌てる事はないようです。

気になるようなら、口の中をガーゼで拭い、
その後の様子を見守りましょう。

明らかにおかしい、とか、あまりにも気になるようなら、
病院へ行き診てもらいましょう。

日焼け止めを塗らない方法や・気をつけることは?

生後間もない、皮膚炎があるなど、
またどうしても日焼け止めを使いたくないなど、
日焼け止めを使わずに日焼けを予防する方法も知っておきたいですね。

 

対策としては、直射日光を当てないように工夫することです。
赤ちゃんが自分で歩けないうちは、

  • ベビーカーは、サンシェードを使う、
  • UVカットの薄い布などかける
  • 帽子をかぶらせる
  • だっこして日傘をさす
  • 長袖・長ズボンで肌の露出を抑える
  • などの方法があります。

 

紫外線の特に強くなる時期は5月~9月くらいですが、
3月中旬になったら、日焼け対策はしたほうがよいです。

 

できれば昼間の11時~3時頃は、おでかけを控えましょう。
この時間に外出した場合は、長時間、
外にいないようにし、日陰を歩くようにしましょう。

 

紫外線対策①〜紫外線の怖さと日焼け予防〜

 

まとめ

赤ちゃんに最初に使うものは、
新米ママさんたちには不安がいっぱいですよね。
赤ちゃん用の日焼け止めの使い方、参考になりましたか?

大人用と違って、とてもマイルドにできているようで、
ちょっと安心されたのではないでしょうか?

 

ただ、肌にやさしいということは、
大人用のような持続性がないということですね。
簡単に落ちるというのは、汗でも流れてしまうということでもあります。

ですから、夏場はこまめに塗り直してあげるようにしましょう。
肌の弱い赤ちゃんを、怖い紫外線から上手に守ってあげてくださいね!

 

【関連記事】


SPONSORED LINK






オススメ関連記事





関連記事

hurikomi12

振込先の書き方!みずほ・ゆうちょ・UFJなど銀行口座の伝え方は?

お買い物や、何かしらの代金の支払いに銀行 などでの「振込」を指定されたり、 指定することがよくあ

記事を読む

ストール44

春らしいストールの巻き方のコツは?【メンズ版】

春の装いになって、だんだんシンプルな服装になってきてうーん、いまいちと 思っているあなた!ここ

記事を読む

スクリーンショット 2016-04-22 11.32.12

南海トラフ地震はいつ発生するの?2017年はいつ来る?

近年、世界中で大きな地震が起きています。日本 でも、各地で大きな震災に見舞われてきました。 熊本

記事を読む

65b00424fa375a8229a5abb7f86c133c_s

美容師と理容師の違いは?呼び名が分かれているワケとは?

みなさんが通うヘアサロンのスタイリストは 美容師さんですか?それとも理容師さんですか? 美容師も

記事を読む

Amazon

Amazonフィードバックのやり方!書き方や投稿完了後の確認方法をご紹介します。【PC/スマホ編】

  商品レビューはしたことはあるけど、 Amazonフィードバックのやり方がわかり

記事を読む

syuutyuu4

集中力を高める方法は?勉強・仕事で5倍の効果をあげるコツとは?

突然ですが…皆さんは集中力ありますか? 私は正直あまりありません。ちょっとした 工夫や方法を変え

記事を読む

熱中症

熱中症について全記事一覧!チェックリストから対策法・予防ジュースまで

毎年、梅雨明けごろになると熱中症の話題が増えて きますね。近年の夏の暑さは、温暖化の影響も あっ

記事を読む

candle13

キャンドルの作り方/簡単に可愛く作れるポイント5選とは?

皆さんは今までキャンドルを作ったことは ありますか?実は作り方はとっても簡単で、 小さな子供でも

記事を読む

ninnpu3

妊婦が氷を食べ過ぎてしまう理由は?気をつけたい氷食症とは?

「氷食症」という言葉を知っていますか? 妊婦さんが氷を1日に数十個も氷を大量に 食べ過ぎてしまう

記事を読む

ダウンロード

お手元(おてもと)意味や由来はなに?箸袋に書いてある理由を解説するよ!

割り箸を使う時に ふと「おてもと」の文字が・・・ 割り箸なのになぜ、「おてもと」と 言うの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑