熱中症症状の頭痛や発熱は危険?その対策法は??

気温が高くなってくると、熱中症で救急搬送された
方たちの話題で騒ぎますね。そうなる前に防げない
のか、と思いますが防ぐ方法が正しく知られていないのかもしれません。

 

熱中症の症状は、かかった方にしかわからない
本当につらい症状のようです。これからの
シーズン予防法おかしいな、と思ったときの
対処法など知っておくと良いのでは?参考にしてくださいね!

 
 


スポンサーリンク


 
 

熱中症症状チェックリスト!どんな症状が出るの?

 

熱中症にかかると、段階を踏んで症状が変わって
いきます。重症度は3段階に分けられます。

taisaku1

 

熱中症レベル1度

その場での応急処置が必要になりますが、
まだ軽度の状態です。

 

  • 大量に汗が出る
  • めまい、立ちくらみ
  • 顔色が真っ青になる
  • 呼吸数が多くなる
  • くちびるがしびれる
  • 筋肉痛や筋肉の硬直、こむらがえり

 

 

まず、大量に汗をかくことでさまざまな症状が
出てきます。汗の出る量が多すぎると、脳への
血流が悪くなります。そして、汗を大量にかいた
ことで、体内の塩分量が減り、筋肉に異常が
出てきます。涼しい場所に運んで、衣服を
ゆるめて寝かせ、水分を補給しましょう。

 

熱中症レベル2度

病院へ行かなければならない中度の状態です。

 

  • 強い頭痛
  • 気持ち悪くなる
  • 吐き気や嘔吐
  • 体がだるくなる
  • 体に力が入らない虚脱感

 

すぐに病院に運び、治療を受けさせましょう。

 

熱中症レベル3度

一刻も早く病院へ行き治療が必要です。
中には集中治療が必要な場合もある重い状態です。

 

  • 意識障害
  • けいれんやひきつけ
  • 手足の運動障害
  • 高体温

 

 

体温が急に高くなり、41度以上になることも
あります。声をかけたり体をさわっても、反応
しない、おかしな反応をするなど意識障害
おこし、けいれんやひきつけ、まっすぐに
歩けないなどの運動機能にも障害が出ます。

taisaku2

 

頭痛や微熱・悪寒などが出る場合はどの段階?

 

熱中症の症状は、段階があるとご紹介しました。
頭痛や微熱、悪寒がある場合は、重症度からいうと
2度です。不思議に感じるのは、悪寒が起こることですね。

 

暑いのに、寒気を感じるのは体に熱がこもって
しまうからです。大量の汗をかいて脱水症状を
起こし、汗がでなくなってしまったり、汗が
出ても汗が蒸発せず、体の体温を下げる機能が
働かなくなると寒気を感じます。湿度が高い日に
起こりやすいので注意が必要です。

 
 


スポンサーリンク


 
 

対策方法は?気をつけることは?

 

熱中症対策になる生活習慣を身につけましょう。

 

直射日光を避ける

・・・戸外では、ぼうしや、日傘を使う。日陰を歩く。日陰で活動する。

 

温度と湿度を気にする

・・・テレビやWebサイトなどで公開される熱中症指数も利用すると良いです。

 

水分をこまめにとる

・・・のどがかわいていなくても、まめに水分をとり、
出かけるときには、飲み物を持ち歩くとよいですね。

 

塩分をほどよくとる

・・・毎日の食事から、バランスよく栄養を
摂るのはもちろんですが、適度に塩分も摂りましょう。

 

体温調節ができる服装を選ぶ

・・・麻や綿などの通気や吸水性がよく、乾きやすい素材の服を着ましょう。

 

このほかには、

  • 急に暑くなったときには運動を控える
  • 室内では、扇風機やエアコンを上手につかう
  • 冷却グッズを使う

 

taisaku3

 

熱中症は環境の条件がそろえば、だれでもかかる
可能性があります。体がまだ、暑さになれていない
梅雨明けの頃や初夏で、気温が急激に高くなる日は
特に危険です。日ごろから運動をして汗をかいて
いると、暑さに対して体も反応しやすくなります。
適度に体を動かす習慣を身につけておきたいですね!

 

熱中症対策のススメ

 

まとめ

 

重症になると命にも関わる大変怖い熱中症。暑さの
感じ方には個人差がありますから、「このくらい
なら大丈夫かな?」と過信せず調子が悪いとき
には、涼しいところに移動して、休んでくださいね。

 

熱中症を起こしやすい人は、暑さに慣れていない
体調が悪い、運動する習慣がない、子どもや
高齢者、肥満体型の人などだそうです。普段から、
体力をつけるようにして、暑い日には注意してくださいね。

 

【関連記事】

 

 


SPONSORED LINK






オススメ関連記事





関連記事

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s

熱中症対策グッズで仕事や部活に服の上から使える!おすすめ冷却グッズ

熱中症は軽いうちに処置をすることが必要です。 重度の熱中症になると、生命に関わり大変危険 です。

記事を読む

eye3

目を洗う正しい方法。水道水や精製水でも大丈夫?おススメはこれだ!

  これからの季節、外へお出かけしたり、外で 遊んだりする機会が増えますね。特に

記事を読む

妊婦3

麻疹と妊婦の関係から見る予防接種の副作用は?対策・予防法まとめ

麻疹(はしか)は子どもがかかるもの、子どもの頃、 予防接種したから大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

064736556b3ca0e3acf888123ff206d5_s

熱中症対策飲料の作り方!子供が喜ぶおいしい予防ジュースの作り方は?

熱中症を防ぐには、普段からの水分補給が何より 大事です。市販のスポーツドリンクを飲んだら いいの

記事を読む

赤ちゃん4

赤ちゃんの予防接種後はお風呂に入れて大丈夫?何時間後?発熱時は?

赤ちゃんは、生後2ヶ月くらいから予防接種を受けるようになります。こんな小さい子に、 大丈夫なの

記事を読む

mokuhyou_mitatsu_man

脳疲労の回復方法!一瞬で楽になる魔法の解消法とは?

毎日の仕事お疲れ様です。 締め切りに追い込まれたり、大切なプレゼン前 試験勉強前など急ピッチに仕

記事を読む

memai13

めまい原因やふわふわ症状はなに?男性・女性別の理由を解説します。

季節の変わり目や生活が変化したタイミングなどで 立ちくらみや『ふわふわ』しためまいを感じた こと

記事を読む

tore-ninngu7

首のトレーニング方法は?効果やメリットは?

普段の生活で、デスクワークや家事等をしていると 肩こりに悩まされる方が多いと思います。肩こりは

記事を読む

ストレッチ10

寝る前のストレッチで簡単効果的ダイエット!効果高まる準備は?

寝る前にランニングなどの激しい運動をするのがしんどくて続かないって人、 多いんじゃないですか?

記事を読む

sigaisen3

紫外線アレルギーの症状は?顔に出るかゆみの原因や予対・治療法は?

昔、夏でもないのにサングラスをしたり、日傘を さす友人がいました。彼女は「紫外線アレルギー だか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑