五月病の原因は?対策・治し方はコレ!やる気の出るツボとは?

入学や入社など何かと新しいことが始まりワクワクする新生活。

その生活も一段落するとなんだかやる気が出ないな、学校や会社に行きたくない・・・。

 

そんな気持ちになってしまったことはありませんか。自分はうつなのではないだろうか、

なんて悩んでしまっている方、ちょっと待ってください!新しい生活にちょっとだけ

馴染めず、五月病になってしまっているのではないでしょうか。

今回はそんな五月病に関するお話です。


スポンサーリンク

五月病ってどんな病気?また原因は何?

 

ゴールデンウイークを過ぎたあたりから増えてくる五月病。

医師が診断する正式な病名として、実は『五月病』というものは存在しません。

 

医学的に言うと、『適応障害』が病名となる場合が多く、

軽度のうつ傾向と診断される場合もあります。

 

新しい環境に馴染めず、ストレスを感じてしまい、

うつ状態になることを総称して五月病と呼んでいるようです。

 

4月から新生活がスタートし、良い意味でも悪い意味でも

少し慣れてきた時期にゴールデンウイークの休暇があり、

5月にはこの精神状態になる人が多いようです。

 

もちろんこの五月病は、不慣れな状態や緊張が続く状態に

さらされるとストレスが蓄積し5月に限らず一年中なる可能性があります。

 

よくある原因としては、

  • 新しい環境・人間関係に馴染めない。
  • 入試や入社など、自分の中の大きな目標がクリアされてしまい燃え尽きた状態になってしまっている。
  • 自分の理想と現実の差に悩んでいる。

などが挙げられます。

五月病1

 

症状チェックリスト

 

  • 他人と会うのが面倒くさく、ドタキャンを繰り返している。
  • ネガティブにくよくよと考えてしまう。
  • なかなか眠れず睡眠不足だ。
  • 服装に気を使うのが面倒でコーディネートをあまり考えなくなった。
  • 通勤や通学をしようとする、または最中に気分が悪くなる。
  • 好きだったことや趣味をやる気が起きない。
  • 朝起きると気分が落ち込み、欠席や欠勤が増えた。
  • おはよう、ありがとうなどよく使っていた言葉を言い忘れる。
  • 仕事のミスが多く、作業効率が悪い。
  • いつも読んでいる新聞や雑誌、テレビを見たいと思わなくなった。

 

7個以上当てはまっている人は注意が必要です。3ヶ月以上続くようならば病院を

受診しましょう。4~6個の人はストレスに要注意です。早めに解消するようにしましょう。

五月病2

 

五月病にならない対策は?

 

ストレスを解消する必要があります。軽い運動を行なったり、

ゆっくりとお風呂に入ったり、アロマなどもおすすめです。

ゆっくり寝る、などの基本のこともできているか考えてみましょう。

 

友人と遊んだり、話を聞いてもらったりすることも効果的です。

また、常に新しいことに挑戦し新しい目標を持つことも良いでしょう。


スポンサーリンク

基本はストレスを溜めないこと、です。また、少しうつ傾向かな、と

思ったときには不必要に暗いニュースを見ないようにしましょう。

 

規則正しく毎日同じ時間に睡眠をとるようにし、健康な生活を送ると五月病には

かかりにくくなるようです。毎日同じ時間に起き、朝日を浴びると体のリズムがしっかりしてきますよ。

五月病3

 

五月病の治し方や有効なツボは?

 

体調の悪さが長く続く場合には、無理をせず病院に行くようにしてください。

悩みすぎるものよくありません。

 

病院では薬での治療となりますが、その前にまずは食生活を見直してみましょう。

人はストレスにより大量のビタミンを消費します。サプリメントで補給をしても

いいのですが、緑黄色野菜やフルーツなどから摂取するほうが健康的です。

また、温かいものを飲み、体を動かして体を温めてあげましょう。ほっとする事、をしてあげるのが一番ですよ。

 

また、自分で優しく自分の足裏やふくらはぎをマッサージしてあげるのも

リラックスでき効果的です。やる気が出るツボはおへそのしたにあるそうです。

おへその位置から下に親指で一本半の場所を、やる気が出るように人差し指でゆっくり押してあげましょう。やる気が出てきますよ。

五月病4

出典 http://ourage.jp/column/mainichi_yojo/33470/

 

まとめ

 

どうしても新しい環境に緊張はつきものです。でも考えすぎず、

まぁなんとかなる!の精神でのんびりやっていきましょう!!

きっとうまくいくはずですよ。


SPONSORED LINK






オススメ関連記事





関連記事

9be8b418cdd6293f29fad89a2627ca3e_s

アレルギー症状で眠気?薬を飲まない状態での眠気の原因は?

アレルギーの方で常時眠気を感じている方は 多いですね。それも薬を飲まない時にも 起こる現象で、な

記事を読む

memai13

めまい原因やふわふわ症状はなに?男性・女性別の理由を解説します。

季節の変わり目や生活が変化したタイミングなどで 立ちくらみや『ふわふわ』しためまいを感じた こと

記事を読む

ninnpu3

妊婦が氷を食べ過ぎてしまう理由は?気をつけたい氷食症とは?

「氷食症」という言葉を知っていますか? 妊婦さんが氷を1日に数十個も氷を大量に 食べ過ぎてしまう

記事を読む

赤ちゃん4

赤ちゃんの予防接種後はお風呂に入れて大丈夫?何時間後?発熱時は?

赤ちゃんは、生後2ヶ月くらいから予防接種を受けるようになります。こんな小さい子に、 大丈夫なの

記事を読む

1fdd029f7e4b755a03f33e4654cc6c6a_s

風邪をわずか1日で治す方法!私が実践して成功した3つのポイント

明日大事な予定があるのに、風邪なんかひいてられない!!体の免疫力を高めることで、早急に治すことが出来

記事を読む

tore-ninngu7

首のトレーニング方法は?効果やメリットは?

普段の生活で、デスクワークや家事等をしていると 肩こりに悩まされる方が多いと思います。肩こりは

記事を読む

半身浴4

半身浴で効果的なダイエット!最適な入浴時間や高効果は昼夜どっち?

ダイエットの話題になると良く耳にする半身浴。ゆっくりお風呂に入ってのんびりし、 ダイエットにも

記事を読む

sigaisen3

紫外線アレルギーの症状は?顔に出るかゆみの原因や予対・治療法は?

昔、夏でもないのにサングラスをしたり、日傘を さす友人がいました。彼女は「紫外線アレルギー だか

記事を読む

masin3

麻疹と風疹ワクチンの費用(料金)は?医者も注意する副作用とは?

子どもの成長にあわせ、受けるべき予防接種として 代表的な「麻疹」と「風疹」。お子さんがいる方は

記事を読む

suibun4

経口補水液の作り方は?おいしく作る方法や効果的な飲み方とは?飲む点滴

熱中症は脱水症状から起こります。ですから、 こまめな水分補給が第一だといいます。 水分を補給する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑