熱中症対策に有効な食べ物や飲み物は?今すぐできる対策予防は?

夏になると例年、熱中症により、救急搬送される方
や命を落としてしまう方がおります。そこで、
熱中症対策に効果のある食材、飲み物、予防法をご紹介させていただきます。

 

熱中症を防ぐにはシーズンを通して体づくりが
必要になってきますので適切な食事、水分補給が必要になります。

 
 


スポンサーリンク


 
 

熱中症に効果のある食べ物・飲み物は何?

 

熱中症に効果のある食べ物は、マグネシウム、
カリウム、ビタミンB1、クエン酸の含んだものに
なります。また飲み物は適度な塩分と電解質の
入ったものがおすすめです。

nettyuusyou1

 

マグネシウムの効果

体温調整に必要である栄養素のマグネシウムを
積極的に摂ることが必要です。マグネシウムを摂取
できる食材は何かというと、ワカメなどの海藻類、
近年注目されている玄米、大豆などがあります。
玄米がちょっと苦手という方も多いでしょうから
大豆食品やごまなどでしたら摂取しやすいですね。

 

カリウムがなぜ必要なの?

夏は汗を多量にかきますが、失われているのは
水分だけでなくカリウムという成分も失われて
いますので積極的に補っていくことが重要です。

 

nettyuusyou2

出典 : http://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_tanken/zyaga/03.html

 

カリウムの必要性

なぜカリウムが重要なのかというと、体の細胞には
カリウムが多く含まれていますので、カリウムを
失うということは体の細胞全体が脱水症状を
起こし、大切な臓器の機能障害などの生命に
関わる可能性がでてくるのです。

 

カリウムを多く含む食材でトップクラスなのが
ジャガイモです。その他にはバナナ、ノリ、ほうれん草などです。

 

ビタミンB1の必要性

仕事や学校、スポーツに加え夏は暑さでも疲れて
しまいます。そのため疲労回復に必要なビタミンB1が必要になってきます。

 

nettyuusyou3

 

ビタミンB1の効果

なぜビタミンB1が必要なのかと言いますと、
ビタミンB1が不足すると糖質を分解できなくなり
疲労物質がたまり、食欲の低下や倦怠感などの症状をひき起こすからです。

 

ビタミンB1を多く含む食品は、一番摂取しやすい
のが豚肉、青のり、いちご、などがあります。
豚肉がおすすめなのはビタミンB1と同時に
タンパク質を摂取することもできますし、食事の
メニューにも取り入れやすい食材です。

 

なぜクエン酸が必要なの?

疲労の原因となる疲労物質の一つである乳酸の
発生を防ぎ、疲労回復の効果に優れているのがクエン酸です。

 
 


スポンサーリンク


 
 

今すぐできる熱中症対策や予防法は?

 

熱中症対策や予防は?と聞かれると連想されるのは
水分補給、太陽光を直接浴びないような対策と
思われがちですがそれだけではありません。
マグネシウム、カリウム、ビタミンB1、クエン酸を
積極的に摂取し、1日の疲労回復が大切になってくるのです。

 

クエン酸の効果

nettyuusyou4

出典 : bankingsoftwareproducts.com

 

クエン酸を多く含む食材として梅干し、レモン、
オレンジ、食酢があります。特にレモンには
クエン酸だけでなくビタミンCも多く含んでおり、
爽やかな風味だけでなく、香りを楽しむことで
リフレッシュ効果もあり、精神的疲労も癒してくれる効果があります。

 

熱中症対策に必要不可欠なのがこまめな
水分補給ですが、ただ単に水分を補給すればいいと
いうわけではありません。上手な水分補給の仕方をお教えします。

 

水分補給におすすめの飲み物

水分が失われたからといって一度に補給をしても
身体が吸収できる量は限られているのです。汗と
一緒に塩分も体外に出ますから、水分だけでなく
適度な塩分と電解質の補給が必要なのです。近年、
話題になっているOS-1やスポーツドリンクを
一度に多量ではなく、例えば、30分に一度など
いったペースで補給することが必要なのです。

 

まとめ

 

シーズンを通して必要なマグネシウム、カリウム、
ビタミンB1,クエン酸をバランス良く摂取し、水分
だけでなく適度な塩分を上手に補給するを癖を
つけておくことが必要ですね。そして質のいい
睡眠を心がけ体調管理をしてくださいね。

 

 


SPONSORED LINK






オススメ関連記事





関連記事

memai13

めまい原因やふわふわ症状はなに?男性・女性別の理由を解説します。

季節の変わり目や生活が変化したタイミングなどで 立ちくらみや『ふわふわ』しためまいを感じた こと

記事を読む

麻疹違い3

麻疹と風疹の違いは?ウイルス・症状の違いから見る家族の医学

突然の発疹!不安になりますよね。 発疹がでる感染症といえば麻疹(はしか)や風疹(ふうしん) です

記事を読む

麻疹4

麻疹の症状は?大人の原因や予防法・予防接種の副作用は?症状チェック

麻疹(はしか)は乳幼児がかかりやすいウイルス感染症の一つです。 ですが、最近では大人の感染例が

記事を読む

ストレッチ10

寝る前のストレッチで簡単効果的ダイエット!効果高まる準備は?

寝る前にランニングなどの激しい運動をするのがしんどくて続かないって人、 多いんじゃないですか?

記事を読む

妊婦3

麻疹と妊婦の関係から見る予防接種の副作用は?対策・予防法まとめ

麻疹(はしか)は子どもがかかるもの、子どもの頃、 予防接種したから大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

8b2639da7a1476ee56053eafe65e0b3f_s

玉ねぎを毎日食べた場合の効果や副作用は?こんなにいい事が♪

カレーやシチューなど、今やタマネギは料理に 欠かせない食材ですが、日本で広まったのは 意外にもま

記事を読む

9be8b418cdd6293f29fad89a2627ca3e_s

アレルギー症状で眠気?薬を飲まない状態での眠気の原因は?

アレルギーの方で常時眠気を感じている方は 多いですね。それも薬を飲まない時にも 起こる現象で、な

記事を読む

eye3

目を洗う正しい方法。水道水や精製水でも大丈夫?おススメはこれだ!

  これからの季節、外へお出かけしたり、外で 遊んだりする機会が増えますね。特に

記事を読む

半身浴4

半身浴で効果的なダイエット!最適な入浴時間や高効果は昼夜どっち?

ダイエットの話題になると良く耳にする半身浴。ゆっくりお風呂に入ってのんびりし、 ダイエットにも

記事を読む

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

赤ちゃんや幼児を守る熱中症対策グッズは?大人より危険?対策法は?

生まれたばかりの赤ちゃんや小さな幼児は、体温の 調節がうまくできません。暑い日には、大人よりも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑